Archives: グーグル

ボストン・ダイナミクス社の新しいロボット『ハンドル』、初公開ビデオ

ボストン・ダイナミクス社が、また新しいロボットを開発中だ。コンファレンスで公開されたビデオがユーチューブにアップロードされている

ボストン・ダイナミクス社の『ハンドル』。後足が車輪で、重い荷物を運ぶことが可能とか。

続きを読む

ヴェスパのメーカーから、荷物運びの車輪型ロボット

ヴェスパで知られるイタリアの二輪車メーカー、ピアッジオ・グループ社が車輪型ロボット「ジータ(Gita)」を開発した。ラストマイル配送にも使えるロボットが、またひとつ増えた。

人の後をついて走行したり、マップを学べば自動走行もする車輪型ロボットのジータ(http://www.piaggiofastforward.com/より)

続きを読む

ヨーキー・マツオカ氏、ネストへ復帰

ロボット研究者として知られるヨーキー・マツオカ氏。同氏は、アカデミアを離れて2010年からシリコンバレーのネスト・ ラボ社に在籍していたが、その後スタートアップを経て、アップルの医療ビジネスに携わっていた。ところが、再びネストに戻ると『ブルームバーグ』が伝えている

ヨーキー・マツオカ(松岡陽子)氏は、日本生まれ。16歳でアメリカに渡った。カリフォルニア大学バークレー校を経て、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。その後、カーネギー・メロン大学で助教授、ワシントン大学で準教授を務めた後、2010年にネスト・ラボ社へ。グーグルXの創設にも関わった。2016年5月からアップルに在籍していた。(写真はEmTech 2014での講演の様子)

続きを読む

ペッパー、いよいよアメリカ・デビュー。前評判は?

ペッパーの本格的アメリカ・デビューが近づいているらしい。

日本での一般販売から遅れること約1年。ペッパーの正式デビューは、シリコンバレーの中心地、パロアルトにあるIoT専門ショップB8taのようだ。同社のフェイスブック・ページにその告知がある

米時間8月11日に、ペッパーがB8taでデビュー

米時間8月11日に、ペッパーがB8taでデビュー

続きを読む

グーグルのタンジャブル・プログラミング『プロジェクト・ブロックス』

物理的なモノでプログラミングができるツールがいろいろ出ているが、グーグルも『プロジェクト・ブロックスを発表した。

ブロックでプログラムし、wifiでロボットなどに信号を送信(https://projectbloks.withgoogle.com/より)

ブロックでプログラムし、wifiでロボットやIoTに信号を送信(https://projectbloks.withgoogle.com/より)

続きを読む

日本にこんな家庭用ロボットがやってくる? ボストン・ダイナミクス社のスポットミニ

新しいロボットはいつもユーチューブで発表するボストン・ダイナミクス社が、またもや興味深いロボットを作ったようだ。その名は「スポットミニ(SpotMini)」。しかも、どうも家庭用に考えられているようだ。

ヘビの頭に動物の胴体? スポットミニは台所仕事もこなす。(www.bostondynamics.comより)

ヘビの頭に動物の胴体? スポットミニは台所仕事もこなす。(www.bostondynamics.comより)

続きを読む

ボストン・ダイナミクス社、売却へ?

先だって、新型アトラスのすごいビデオを公開したばかりのボストン・ダイナミクス社が、売却される予定という。『ブルームバーグ・ニュース』が伝えている

これだけのロボットは、一体どこへ行く? (http://www.bostondynamics.com/より)

このすごいロボットたちは、一体どこへ? (http://www.bostondynamics.com/より)

続きを読む

グーグルがロボット部門を再編、Xヘ

2013年に数々のロボット会社を買収したものの、その実態がほとんどわからなかったグーグルのロボット部門。このたび、独立した部門からX(旧グーグルX)の傘下に入ることになったという。それと共に、部門トップも新しく雇い入れた。『ニューヨーク・タイムズ』が伝えている

Xの新しいロゴ。ロボット部門もこの中に。

Xの新しいロゴ。ロボット部門もこの中に。(http://recode.net/より)

続きを読む

トヨタのAI・ロボット共同研究を率いるのは、元DARPAのギル・プラット氏

シリコンバレーでは、グーグル、フェイスブック、バイドゥーなどが次々とAI研究に力を入れていることが伝えられてきたが、ここへトヨタが加わった。しかも、AIだけでなくロボット研究もだ。そして、ロボット関係者にとってのビッグニュースは、これを率いるのがギル・プラット氏だということである。

プラット氏は、DARPA(国防高等研究計画局)のロボティクス・チャレンジ(DRC)のプログラム・マネージャーとして、DRC他さまざまなロボット関連プロジェクトを率いてきた人物。今年のDRC決勝戦が最後のチャレンジになると明らかにしていたが、その移籍先が何と、トヨタだったというわけだ。

今年6月DRC決勝戦授賞式のステージで。中央がギル・プラット氏

今年6月DRC決勝戦授賞式のステージで。中央がギル・プラット氏。右端はDARPA局長のアラティ・プラバカー氏。

続きを読む

オフィスに攻め込んでくるロボットと闘う、マジック・リープ社

昨年グーグルなどから5億4200万ドルという多額の投資を受けたマジック・リープ社は、オーグメンテッド・リアリティー(AR)を開発しているという以外には、内情の知れない謎のスタートアップだ。その同社が、デモ・ビデオを公開した。


続きを読む


copyright © robonews.net