Category: Uncategorized

ロボット市場は、予想以上に拡大中

『ロボット・レポート』が、二つの調査会社のレポートに基づいてロボット市場の急速な拡大予想を伝えている。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は、2025年までに870億ドル市場に成長すると予想、またトラクティカは、自動走行車のAI要素も含めて、2022年までに2370億ドルにまで拡大すると予測している

大きく伸びるのは、消費者向けロボット市場(www.bcg.comより)

続きを読む

アップル、iPhone分解ロボットの詳細をさらに公開

アップルが、使用済みのiPhoneを分解するためにロボット「リアム(Liam)」を独自開発したことは昨年明らかになった。

先ごろ、そのリアムに関するホワイトペーパーが公開された。『ビジネス・インサイダー』が伝えている。ホワイトペーパー自体は、昨秋書かれたもののようだ。

ホワイトペーパーには、ロボットの図解もあり(www.apple.com/)

続きを読む

リシンク・ロボティクス社が、5種類のグリッパー・キットを発売

このところ、ハンドやグリッパーの話題が目立つ。身近になったロボットにいろいろな作業をしてもらうためには、手首から先が課題になってきたということだろう。

そんな中、リシンク・ロボティクス社が簡単に交換できる5種類のグリッパー・キット『クリックスマート』を発売した

ツールなしに交換可能なグリッパー・キット5タイプ(www.rethinkrobotics.com/より)

続きを読む

新しいテレプレゼンス・ロボットも、またひとつ

なかなか普通の家庭には広まらないテレプレゼンス・ロボットだが、家庭用と特定した新製品が出た。オームニ(Ohmni)である。予約販売価格も、より家庭用っぽい。

軽快なデザインのオムニ(https://ohmnilabs.com/より)

続きを読む

スイスのヴィトラ美術館でもロボット展開催中

ロンドンの科学博物館で開催中のロボット展(2017年9月3日まで)については、すでにご存知かと思うが、デザイン関連の展示が多いスイスのヴィトラ美術館でも『Hello, Robot』展が開かれている(2017年5月14日まで)。

ヴィトラ・デザイン美術館の出展作品のひとつ。デジタル・ネイティブならぬ『ロボット・ネイティブの育児』というタイトルがついている(http://www.design-museum.de/より)

続きを読む

新しい出前配達ロボットが、またひとつ

数キロ先までの出前を担う搬送ロボットがヨーロッパやシリコンバレーで実用化されているが、また新しいロボットが加わった。マーブルだ。

マーブルは、けっこう大型(www.marble.ioより)

続きを読む

両手に銃を持つ、ロシアのロボット

『インディペンデント』紙が、ロシアで開発されているヒューマノイド・ロボットについて伝えているが、そのロボットが両手に銃を構えている。何とも物騒な様子だ。

狙いを定めて的中させる? (@Rogozinより)

続きを読む

日本のロボット革命は、アメリカの雇用を左右する

『マイアミ・ヘラルド』紙に、興味深い記事が載っていた。トランプ大統領は、日本のロボットとの関係を見習うべきという内容だ。

記事内では、日本のロボット革命やアジアのロボット政策を取り上げている。(http://www.miamiherald.com/より)

続きを読む

ボストン・ダイナミクス社内の360度映像があった…

Here Be Dragons』というサイトに、今年1月からボストン・ダイナミクス社の360度画像がアップされているのを知らなかった。みなさんはご存知だっただろうか。

ボストン・ダイナミクス社の様子が見渡せる(http://dragons.org/より)

続きを読む

触覚を持つオープンソースの3Dプリント指先、コンペで優勝

人間と同じような触覚を持つ3Dプリントの指先が、ハーバード大学が主催したソフト・トボティクスの国際コンペで優勝した。『Phys.org』が伝えている

優勝した指先TacTip(http://www.brl.ac.uk/より)

続きを読む


copyright © robonews.net