Category: 軍事用ロボット

このビデオは見応えがあります! 次世代アトラス登場。

『IEEEスペクトラム』が、ボストン・ダイナミクス社の次世代アトラスを紹介している。その様子を映したビデオが、あまりにすごくて目が離せない。中に人間が入っているのではないかと思うほどだ。

ドアも自分で開けて、さっさと出て行きます。(http://www.bostondynamics.com/より)

ドアも自分で開けて、さっさと出て行きます。(http://www.bostondynamics.com/より)

続きを読む

DARPA製作の「ロボット転倒」コンピレーション・ビデオが!

今回のDARPAロボティクス・チャレンジ(DRC)決勝戦は、プレス関係者にとっては少々不親切な設定だった。

プレスの撮影場所はロボットから遠く、足元がよく見えなかったりする。だいたいロボットとプレスの間に関係者がずらりと立っていて、視界が遮られている。

観客スタンドでも、ここは入ってはダメ、通路で立ち止まるなと、何かと指図が細かく、うまく撮影できる場所を求めてずっとウロウロするハメに。

そうした中で、悠々と撮影をしていたのはDARPAが雇ったカメラマンたち。それも当然だが、大変うらやましかった。

その彼らの映像から、こんなビデオが編集されている。数々のロボット転倒の瞬間を集めたもの。笑いたくもなり、気の毒にもなり。しかし、よく目を凝らすと、どこでバランスを崩すのかのいい学習にもなる。

何と言っても、ロボットたちはよくがんばった! 必見もの。

<イベント・レポート>DARPAロボティクス・チャレンジ決勝戦最終日 韓国のKAISTが1位

DRC2日目は土曜日なためか観客席は満席に近く、子供たちがたくさんいた。子供たちは、ロボットが扉のドアノブを回すと歓声を上げ、バルブを回すと叫び、ロボットが固まってしまうと「頑張れ、頑張れ」と声援を送る。にぎやかなことだった。それにしても、幼い年齢でこんなすごいロボットの数々を、ちょとした週末に見られるとは何とラッキーなことだろうか。

P1040365

続きを読む

<イベント・レポート>DARPAロボティクス・チャレンジ決勝戦1日目 倒れるロボットがたくさん

午前7時から開会式が開かれた第1日目。その後早速チャレンジに移った。

昨日のギル・プラット氏の話では、2日目まで続く決勝戦に備えてロボットを痛めないために、チームは初日は緩めに臨んでくるだろうということだった。ロボットが転倒して壊れてしまっては困る。エネルギーを抑えて「転んだりしないように」するだろうという予想だったのだが、ふたを開けてみると転んだロボットが多かった。

チームAero(日)のロボットも転倒。

チームAero(日)のロボットも転倒。

続きを読む

DRC決勝戦はYouTubeで実況ストリーミング

米時間6月5、6日の両日に開かれるDARPAロボティクス・チャレンジ(DRC)は、YouTubeでもストリーミングされる予定だ。

開会式の6月5日午前7時(日本時間6月5日午後11時)から始まる。

ストリーミングは、4つのコース別々に行われている。リンクは、ここ

スケジュールは変更になることもあるが、DRCアプリに最新版がアップされる。アンドロイド版アプリと、iOS版アプリがある。

<イベント(前夜)レポート>DARPAロボティクス・チャレンジ決勝戦 いよいよ明日から開催!

まだまだ先のことだと思っていたが、もう明日になってしまった。DARPAロボティクス・チャレンジ(DRC)の決勝戦のことだ。ロボニュースも、サンフランシスコから8時間車を飛ばして、ロサンゼルス郊外のポモナのフェアプレックスまでやってきた。

明日からDRC決勝戦が始まるポモナのフェアプレックス会場

明日からDRC決勝戦が始まるポモナのフェアプレックス会場

続きを読む

デイトンのSWAT チームにロボットが加わる

オハイオ州デイトンの警察のSWATチームに、新しくロボットが加わったと、『ガバメント・テクノロジー』が報じている


続きを読む

1年間遊泳して、北極の氷河を観察する海中ロボット

ワシントン大学応用物理研究室が、地球温暖化による氷河の変化を観察するための海中ロボット「シーグライダー」を開発した。公共ラジオ局の『NPR』が伝えている

Robot - seaglider

シーグライダーを分解したところ。省エネ設計されている(http://www.apl.washington.edu/より)

 

続きを読む

火消しロボットお目見え

米海軍研究事務所(ONR)では、5年ほど前から船上での火消しロボットの開発を行ってきた。このたび、その成果が公開された。『CNN』が伝えている

海軍研究事務所とバージニア工科大学が開発した、火消しロボット(http://www.navy.mil/local/onr/より)

海軍研究事務所とバージニア工科大学が開発した、火消しロボット(http://www.navy.mil/local/onr/より)

続きを読む

気象観測気球を上げるロボットを、高校生たちが製作

ロボット・クラブは、今や全米の中高校生の活動に広まっている。フロリダ州の複数の高校の生徒たちで組織されるそんなクラブのひとつが、NASAのロケット打ち上げをサポートするロボットを作った。『フロリダ・トゥデイ』が伝えている

チームの名前にちなんで、色もピンクのウェザーボット

チームの名前にちなんで、ピンク色のウェザーボット

続きを読む


copyright © robonews.net